頭皮ケア法

薄毛を改善したい女性のための上手なドライヤーでの乾かし方 

こんにちは、真綾です。

薄毛が気になってきた最初のきっかけが、

ドライヤーで乾かすときだった、という人は多いはず。

実はわたしがそうでした。

お風呂から出てドライヤーで髪を乾かした後、洗面台に散らばった大量の抜け毛・・・。

洗面台の白と髪の黒のコントラストが際立って、怖かったです。

薄毛を気にしているのにこれ以上抜け毛を増やしたくない!!

そんな思いで、抜け毛を防ぐための上手なドライヤー使用法を調べました!

上手な髪の乾かし方♪

お風呂から出たら即乾かそう

忙しかったり面倒だったり、暑い夏は特にお風呂から出たあと髪を放置しがちです。

「まぁいいや、あとで乾かそう~」というのは厳禁です!

というのも、髪は濡れている間キューティクルが開いています。

完全に乾かすまでに時間がかかると、キューティクルが開いたまま固定されてしまうんです。

これが髪トラブルを生む元になりますので要注意。

できるだけ早く乾かすことを意識してくださいね!

タオルドライを丁寧に

適当にわしゃわしゃ拭いてすぐにドライヤーを使うと効率がよくありません。

吸水性がよく柔らかいタオルで髪を包み、優しく水分を吸収しましょう。

キューティクルが剥がれ落ちないように優しく丁寧に、が基本です。

急いでいるからといって髪同士を擦り合わせないようにしてくださいね。

ドライヤーの風量は強めがいい

風量はより強いものを選びましょう。

以前美容師さんに言われたことがあるのですが、

「ドライヤーは市販品より美容室で使っている物のほうが風量が強くて髪によい」とのこと。

必要なら購入してあげると言われましたが結局購入せず。

アマゾンでパナソニックのお高めのドライヤーを購入しました。

要は、風量が強く一気に乾かしてしまう方が髪に負担をかけないらしいんです。

ダラダラ乾かさない、ということです。

うつむき加減で後ろから乾かそう

ドライヤーを顔の前から当てるのではなく、首を前傾して後方から当てるといいです。

髪表面ではなく、地肌に当てるように意識してください。

そうすれば自然と髪表面も乾いていきます。

8割乾いたら冷風にチェンジ!

髪が8割がた乾いたら、冷風機能を使いましょう。

わたしの買ったドライヤーは冷風&温風が交互に出る機能があるのでそれを使っています。

最後に髪全体を冷やしてあげると、キューティクルが綺麗に閉じてまとまりがよくなったり艶感がアップしたりします。

きちんと乾かすことで翌朝の寝癖もつきにくくなりますよ。

まとめ

薄毛を抑制するためには、頭皮を綺麗に保つことが重要です。

髪を丁寧に乾かすことで頭皮に雑菌が繁殖することを防いで、綺麗な頭皮を維持できるのです。

にキューティクルの乱れが改善でき、髪全体の艶感を出すこともできますよ。

髪を丁寧に乾かすことは、薄毛に悩む女性にとって必須です。

あなたの髪と頭皮をぜひ、大切にいたわってあげてくださいね(^_-)-☆

 

シャンプー中の抜け毛が気になる方はコチラをどうぞ!