頭皮ケア法

健康な頭皮の色って何色?健やかな頭皮を作るためにできる簡単なこと 

こんにちは、真綾です。

いきなりですが、あなたは頭皮の色を気にしたことはありますか?

頭皮の色って自分ではなかなか見る機会はないですよね。

でも抜け毛や薄毛で悩んでいるなら、頭皮の色を見ることで改善のヒントが見つかるかもしれません。

どんな色が健康な頭皮の色なのか、さっそく見ていきましょう!

頭皮の色の種類と意味

頭皮の色は大きく分けて3種類あります。

頭皮の色が青白い色

あなたの頭皮の色が青白いなら、健康な頭皮の証です。

これからも今の状態を維持していけるようケアを続けていってくださいね。

また、状態が変わったときにすぐ分かるよう、時折頭皮の色をチェックする習慣をつけると安心です♪

頭皮の色が白色~ピンク色

あなたの頭皮の色が白色~ピンク色であれば、ズバリ乾燥気味です。

フケが出やすくなっているかもしれません。

また紫外線を浴びることでも乾燥してしまいますので、暑い時期であれば帽子をかぶったり日傘を使用したりと紫外線予防も意識して過ごしてください。

頭皮が乾燥した状態が続くと抜け毛の原因にもなってしまいます。

保湿成分のあるシャンプーに変えて様子を見るなどの対策を取ったほうがいいかもしれません。

頭皮の色が茶色~黄色

あなたの頭皮の色が茶色~黄色であれば、頭皮が血行不良に陥っています。

血液が十分に循環できないと栄養が頭皮にまで届きません。

頭皮マッサージをして、血行を促進していきましょう!

頭皮マッサージについてはコチラをどうぞ!!

シャンプー前後に気を付けたい簡単なこと

もしまだ髪に優しい成分のシャンプーを使っていないとしても、今日からできる簡単な健康な頭皮を作る方法があります。

以下2つのことを気を付けてみてください!

シャワー前の丁寧なブラッシング 

シャワー前にブラッシングをすることで頭皮の汚れを浮かすことができます。

頭皮を傷つけないように力をあまり入れず、優しく丁寧に梳かしていくことが大切です。

この時、上から下へではなく、下から上へも梳かし上げることで血行促進を実感できると思います。

私はボブヘアですが、大体回数にして3‐50回くらいブラッシングしています。

気持ちいいんですよ~。

髪の長い人は、絡まらないように気を付けながらやってみてくださいね。

ドライヤーの使い方 

髪を洗った後はしっかりとタオルドライして、すぐに乾かしましょう

水に濡れた髪はキューティクルが開いて繊細な状態です。

タオルドライをするときは髪同士をゴシゴシこすり合わせないようにしてくださいね。

そしてお風呂から出た後バタバタしているとついドライヤーを先延ばしにしがちですが、放っておくと頭皮に雑菌が繁殖してしまいますので、すぐに乾かす癖をましょう。

乾かすときは髪表面ではなく頭皮を乾かすつもりでドライヤーを当てます。

かといってドライヤーを近くに当て過ぎないように注意です!

また8割くらい乾いたからいいやと止めてしまうと生乾きの状態になってしまいます

これではここまで乾かした意味がなくなりますので、最後までしっかりと乾かしましょう。

健康な頭皮を作るために

◆髪に優しいシャンプーを使う

◆シャンプー前のブラッシング

◆正しいやり方で洗髪する

◆ドライヤーの使い方

などなど、健康な頭皮を作るためにできることはたくさんあります。

青白い健康な頭皮の色を目指して、一緒に頑張っていきましょう♪

何かひとつでも参考にしていただけたら嬉しいです(^^)/