生活習慣

イソフラボンでフサフサに?!薄毛を改善するカギ見つけた! 

こんにちは。真綾です。

イソフラボンで髪がフサフサになるって聞いたけどほんと?
効果あるなら根拠を教えて!
豆乳しか思い浮かばないんだけど豆乳飲めない・・・

と思っているあなた。

実はイソフラボンが薄毛改善にいいと言われるのは本当なんです。

イソフラボンが薄毛に効果を発揮する理由と

その摂取方法について知りたい方はぜひ読み進めてくださいね。

薄毛と女性ホルモンの関係

女性が薄毛になる原因は

生活習慣、食生活、ストレス、睡眠、過度のパーマ、間違った頭皮ケア

など多岐に渡ります。

なかでも加齢は、薄毛の主要因となっています。

エリちゃん
エリちゃん
加齢が原因って、もう仕方なくない?不可抗力じゃん?

って、怒りたくなりますよね~。

ではなぜ加齢から薄毛につながるのか説明しますね。

加齢と女性ホルモンの減少

歳を重ねると女性ホルモンの一種であるエストロゲンが減少していきます。

誰でもです。

なぜかというとエストロゲンの分泌のピークはなんと30歳前後といわれているんです。

30歳を通り越した我々のエストロゲンは、徐々に減少していってるわけです。

エストロゲンの役割 

エストロゲンは髪の育成、成長、維持にかかわる大切な役割を担っています。

加齢によりエストロゲンが減少することで、髪が細くなったり薄毛になったりするんです。

20代の女の子の髪がツヤツヤしているのは

このエストロゲンのおかげなんですね~。

じゃあエストロゲンが減少した私たちはもうなすすべがないのかというと

もちろんそうじゃありませんよ!

できることがあります♪

女性ホルモンと同じ働きをするイソフラボン

ここで出てきたのがイソフラボンです!

イソフラボンは、髪の成長に欠かせない重要な女性ホルモン

「エストロゲン」に化学構造が似ており、似た働きをしてくれます。

また、イソフラボンには強力な抗酸化作用もあって

美髪や美容に心を砕く女性にはもってこいの栄養成分なのです。

どのくらい摂ればいい?

内閣府の食品安全委員会のホームページによると

大豆イソフラボンの1日の推奨摂取量は70㎎とされています。

日本人の平均摂取量は1日20㎎程度とされているので

推奨摂取量の70㎎には程遠いのが現状です。

イソフラボンを効率よく摂って美髪ママに!!

イソフラボンは、豆腐、納豆、みそ、しょうゆ、きな粉、油あげ 

など日本人の一般的な食事をしていれば自然に摂れる栄養成分でもあるんです。

でも、摂れているのは平均20㎎。

エリちゃん
エリちゃん
あと50㎎どうやって摂ればいいの~?

はい、摂取量を増やすためにおススメなのは

食事以外の方法で摂ることです。

食事以外でイソフラボンを摂る方法

いくつか方法があります~。

ドリンクで摂る

豆乳そのものがおススメですが、豆乳が苦手な方もいますよね。

そんな人はイソフラボンの入ったドリンクを取り入れてみましょう。

意外と『〇〇の中にイソフラボンも入ってます!』

というのが売り文句の商品もありますよ。

青汁とかココアとかプロテインとか…。

あなたの楽しく続けられる商品を探してみてね!

サプリメントで摂る

イソフラボンの入ったサプリメントもありますよ。

これはお手軽でいいですね。

注意してほしいこと

ただし!

通常食事に上乗せしてイソフラボンを摂取したい場合

1日30㎎を目安にするといいそうです。

豆乳を飲むときも、ひたすらがぶ飲みすればいいってわけじゃないんですね。

毎日の食事でたくさん大豆を食べてるよーという自覚のある方のみ

上乗せする際の摂取量に気を付けてくださいね!

ま と め

薄毛の原因は女性ホルモンの一種エストロゲンの減少にありました。

これは加齢によるものなので誰も避けることができません。

だからこそ、エストロゲンに似た働きをするイソフラボンを摂ればいいんです!!

毎日の生活にイソフラボンをうまく取り入れて

健康でツヤめくふさふさ髪を手に入れましょう!!!

参考になったら嬉しいです♪

薄毛に効果抜群のシャンプーも見てみたい方はこちら♪