髪を増やす生活習慣

豆乳や納豆で髪が増える?!40代ママは大豆イソフラボンで薄毛改善!

大豆イソフラボンで髪のボリュームがよみがえって嬉しい女性

こんにちは、つぐママです!

髪が全体的に薄くなったり、分け目が気になり始めると、髪を増やすために何かいい方法はないか本気で探してしまいますよね。

お悩みママ
お悩みママ
 ◆大豆イソフラボンで髪が生えるって聞いたけどホント?

◆どんな食べ物で大豆イソフラボンが摂れるの??

こんな疑問をお持ちではないですか?

そこでこの記事は

◆大豆イソフラボンが薄毛改善に効果がある理由

◆日常生活で大豆イソフラボンを上手にとる方法

について解説しています。 

大豆イソフラボンを上手に摂って太く強い髪を育てていきたいなら、ぜひ読み進めてくださいね!

スポンサーリンク

女性ホルモンと薄毛の関係とは?

自信ない女性

髪を成長させるのは女性ホルモン・エストロゲンだった

髪の育成・成長・維持にかかわる大切な役割を担っているのは、女性ホルモンの一種エストロゲンです。

でも髪を育ててくれるエストロゲンの分泌ピークは、なんと30歳!

30歳以降は、エストロゲンの分泌がどんどん減っていくばかりなんです。

そして女性ホルモンが減って男性ホルモンが優位になると、髪が細くなったり、抜け毛や薄毛につながってしまいます・・・😢

エストロゲンの減少が薄毛を招く

エストロゲンは髪の成長期を継続させ、髪を増やしてくれる大切なホルモンです。

20代の女の子の髪が何もしなくてもツヤツヤしているのは、このエストロゲンがたーくさん分泌されているからだったんですね。

お悩みママ
お悩みママ
加齢が原因でエストロゲンが減るなら、もう不可抗力じゃないの…?!

確かに、減りゆく女性ホルモン・エストロゲン自体を作り出すことはできません。

でも、エストロゲンに似た働きをする栄養素を摂ることで、カバーできますよ!

エストロゲンに似た大豆イソフラボンで髪を育てる

豆乳

ここで登場するのが大豆イソフラボンです!

大豆イソフラボンは、髪の成長に欠かせない重要な女性ホルモンエストロゲンに化学構造が似ているため、同じような働きをしてくれます。

また、大豆イソフラボンに含まれるゲノステインは、活性酸素に対して強力な抗酸化作用を持っています。

加齢からくる薄毛の原因は活性酸素と考えられているので、なんとしても排除したいところ。

細くなった髪や、全体的に薄くなりつつある髪を嘆いている40代ママにとって、大豆イソフラボンはもってこいの栄養成分だったのです。

大豆イソフラボンはどのくらい摂ればいいの?

内閣府食品安全委員会のホームページによると、大豆イソフラボンの1日の推奨摂取量は70㎎とされています。

日本人の平均摂取量は1日20㎎程度とされているので、推奨摂取量にはほど遠いのが現状です。

お悩みママ
お悩みママ
足りない分はどうやって摂ったらいいの~??
つぐママ
つぐママ
摂取量を増やすには、食事とサプリがおすすめだよ!

食事で大豆イソフラボンを摂る方法

バランスのとれた食事

大豆イソフラボンは、豆腐、納豆、みそ、しょうゆ、きな粉、油あげなど、日本人の一般的な食事をしていれば自然に摂れる栄養成分でもあります。

とはいえ食生活が欧米化して久しいので、『毎日おみそ汁を飲んでます~♪』という人も少なくなっているかもしれませんね。

そんなあなたは、1週間に3回でも、夕食におみそ汁をつくってみませんか?

すごく簡単なんですよ!

わたしはこの本を見てからは、いろんな具材を入れたおみそ汁を自由自在に(笑)つくれるようになりました。
\Amazonでチラ読みできます♪/

大豆イソフラボン摂取のために
  • 日本人らしくおみそ汁からとる 
  • 納豆が好きなら納豆をできるだけ毎日とる
  • 豆乳が飲めるなら豆乳を飲む
  • おやつに白玉だんごを作ってきな粉をまぶす
  • 牛乳にきな粉を入れて飲む

など、毎日少量でいいので意識して飲食して、続けていくといいですね♡

サプリメントで大豆イソフラボンを摂る方法

食事以外でも、サプリメントで大豆イソフラボンを摂れますよ。

料理を考えたりはメンドイ!手間ひまかけずに摂りたいよ!』という人には、サプリメントがお手軽です。

毎日忘れずに飲める人にはサプリメントがおすすめではあるのですが、1つ注意してほしいことがあるんです。

大豆イソフラボンのサプリを摂るときに注意してほしいこと

食事以外で大豆イソフラボンを摂るときに注意してほしいことがあります。

食品安全委員会は、「大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の安全性評価の基本的な考え方」の中で、「日常の食生活に加えて、特定保健用食品により摂取する大豆イソフラボンの摂取量が、大豆イソフラボンアグリコンとして30 mg/日の範囲に収まるように適切にコントロールを行うことができるのであれば、安全性上の問題はないものと考えられる。」としています。 農林水産省HP

農林水産省のホームページにこう書いてあるんです。これってどういうことかというと、私たちは通常の食生活においても大豆製品をとりますよね?

「食事以外で大豆イソフラボンをとるときは、1日30㎎に抑えておいてくださいよ」ということが書かれてあるんです。

なので大豆イソフラボンをサプリメントで摂取する場合は、摂取量を厳守してくださいね。

「過剰摂取はよくない影響を及ぼすかもしれない」と同ホームページにもありますので、気を付けて摂っていきたいですね。

つぐママの豆乳に関する個人的体験

豆乳をグラスに注ぐ

これは私の個人的体験で、体質のよるものかもしれないのですが…。

『髪を元気にフサフサにしたい!』との気持ちから、調整豆乳を毎日コップ1杯飲むようにした時期がありました。

豆乳自体嫌いではなかったですし、「豆乳を飲んでるヘルシーな私」も好きでした(笑)

でも、飲んでいる間なぜか胸に違和感を覚えたんですね。違和感、としか言いようのない感覚で説明の仕様がないのですが…。

チクチクに近いけどちょっと違う、とにかく何かいつもと違う感覚。

最初は豆乳が関係あるとは思ってなくて、飲み続けてたんです。でも1週間くらいこの状態が続いて気持ちが悪くて、試しに豆乳を止めてみました。

そうしたら、胸の違和感がなくなりました。それ以来豆乳は飲んでいません。

ふだんの食事ではお豆腐や厚揚げが大好きですが、このような違和感はないのです。なので豆乳が体質的に合わなかっただけなのかもしれません。

これを読んでいるあなたがもし、特定の大豆製品で体に違和感を感じたとしたら、速やかに

『これは合っていない!』と判断した方がいい!

と伝えたくて書きました。合う人には、豆乳っていいと思うんですけどね(*’▽’)

育毛サプリという選択も

育毛サプリイクモア

大豆イソフラボンを摂ろうとして、いろいろと調べているあなたの最終目的は

  • 元気な髪を育てること
  • ボリュームのある髪を取り戻すこと

ではないですか?

それなら、育毛サプリという手もありますよ。

こちらのサプリメント>>イクモアには、髪のボリューム感を実現するために必須の栄養素がバランスよく含まれています。

もちろん、大豆イソフラボンも入っています!

公式サイトを少しスクロールしてもらうとわかるのですが、亜鉛・ケラチン・パントテン酸カルシウムなど通常の食事から摂るのが難しい栄養素がしっかり配合されています。

大豆イソフラボンに加えてミネラル・ビタミン・抗酸化成分などをまんべんなく摂ることで、毛根部にじゅうぶんな栄養を与えることができるんです。

イクモアの特徴
  1. ボリューム感を実感する10種類の栄養素
  2. 女性に嬉しいポカポカ成分&吸収を助ける成分も配合
  3. 1日たった3粒の中に髪を育てる栄養素がギュっと凝縮
  4. 保存料・着色料・香料が無添加

など、嬉しいポイントがたくさん。

40代ママの薄毛に特化したサプリメントについて、もっと詳しい情報を見てみるならこちら→>>イクモア

大豆イソフラボンで髪を増やすまとめ

40代ママの薄毛の原因は、女性ホルモンの一種エストロゲンの減少にありました。

これは加齢によるものなので、残念ながらあなたも私も避けることができません。

でも大豆イソフラボンを使って細い髪を太くし、健康なふさふさ髪を育てることが期待できます。

大豆イソフラボンの摂り方として↓

  1. 伝統的な和食中心の献立からとる(みそ汁、豆腐、厚揚げなど)
  2. 大豆イソフラボンのサプリメントで手軽にとる
  3. 40代ママの薄毛に特化したサプリでしっかりとる

怖いことに薄毛の進行は、待ったなしです!

上記の中でできそうなことを、今日からぜひ実践してくださいね。

あなたの髪が、どんどん健康に成長していきますように♡

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です