サボンモーヴ

良質な石鹸シャンプーで薄毛を改善できるってほんと? 

こんにちは。真綾です。

あなたは今、どんなシャンプーを使っていますか?

実は使っているシャンプーに髪質は大きく影響を受けるんです。

これを読めば、抜け毛や薄毛に悩むあなたが

どんなシャンプーを使えばいいのかわかりますよ!

シリコンは悪くない?!

市販のシャンプーで「ノンシリコンシャンプー」をよく見かけますよね。

ノンシリコンという言葉からシリコンは悪いものだから排除している・・・なんていうイメージがあります。

以前美容師さんから聞いたのですが、シリコン自体は別に悪いものじゃないんだそうです。

シリコンには、シャンプー時の髪の摩擦を軽減する役目があるそうです。

逆に言えばノンシリコンタイプだと、髪のきしみが出てくる可能性があるとのこと。

ダメージヘアやロングヘアの方はあえてシリコン入りのほうがいいかも、とのことでした。

別にシリコンを悪者と考えなくてもよかったんですね。

界面活性剤はどのタイプ?

シャンプーに使われる界面活性剤というのは、

ものすごく簡単にいうと泡立ちをよくするための成分です。

2種類あります。

高級アルコール系界面活性剤 

市販のほとんどのシャンプーに使われています。

ボトルの裏の成分表の中に

「ラウレス硫酸Na」など硫酸の文字が入っていたら

それは高級アルコール系シャンプーです。

この成分のおかげで泡立ちがよく、洗浄力の強いシャンプーができるのです。

夏の暑い日、ガシガシ洗ってスッキリ爽快!!

な地肌になりたいときはとっても気持ちいいと思います。

でも高級アルコール系シャンプーのデメリットは、頭皮への負担が大きいこと。

頭皮が弱っていたり敏感肌だったりすると、湿疹ができたり痒みが出てきます。

そして洗浄力の高さゆえ、頭皮に必要な皮脂まで取ってしまうので頭皮が乾燥してしまうこともあります。

もともと乾燥肌や敏感肌の人は避けたほうがいいでしょう。

アミノ酸系界面活性剤 

アミノ酸系界面活性剤というのは、洗浄力が弱く刺激性が低いです。

そのため敏感肌や乾燥肌の人におススメできます。

髪がべたつく人は、シャンプーで皮脂を取り過ぎたため、

逆に皮脂が過剰分泌されべたついている可能性もありますよ。

なので脂性肌のひとも、皮脂分泌のバランスをとるために使ってみるといいと思います。

石鹸シャンプーのよいところは防腐剤などの余分な成分が入っていないところです。

ただ、使ったことのある人はわかると思いますがきしみを感じる人が多いです。

それから髪が大きく広がったりごわついたり・・・。

髪がまとまらないならあまり使いたくなくなりますよね。

でも、アミノ酸系界面活性剤と石鹸シャンプーの

いいとこどりをしたシャンプーがあるんです。

サボンモーヴという石鹸シャンプー

サボンモーヴという名前の石鹸シャンプーがあります。

アミノ酸系界面活性剤をはじめ

頭皮に優しい成分だけでつくられているので

乾燥肌や敏感肌の人にピッタリ。

さらに、べたつき頭皮の私でもスッキリと洗い上げることができるので

脂性肌の人にもおススメできる優れモノなんです。

リンスなしでも、きしむことなく洗えます。

頭皮が弱っていると健康な髪がつくられず、

抜け毛、薄毛、ぺたんこ髪などの悩みが生まれてきます。

逆に不要な皮脂や汚れをキレイに洗い流し

必要な皮脂は残すことのできるシャンプーを使えば、清潔な頭皮を保つことができます。

清潔な頭皮から、強く健康な髪が生まれてくるんです。

まとめ

シャンプーにもいろんな種類があることがわかりました。

なにげなく選んでいてはいけないんですね。

抜け毛や薄毛を気にしているなら尚のこと、

シャンプー選びに妥協はできません。

髪の毛の土台は頭皮です。

ぜひ、頭皮に着目したシャンプーを選んでくださいね。

良質な石鹸シャンプーで清潔な頭皮をつくりたいならコチラ!