生活習慣

薄毛が気になるなら質の良い睡眠が必須!その快眠対策3選 

こんにちは、真綾です。

薄毛の原因のひとつに深い睡眠が関係することをご存知ですか?

質のよい睡眠をとることで髪の生成が促されるなら、寝るに越したことはありませんよね。

でも漫然と寝るだけではいけません。

上手な睡眠方法を知ることで、薄毛の改善が期待できますよ!

質の良い睡眠と成長ホルモンの関係 

成長ホルモンって聞いたことがありますか?

なんだか思春期の身長を伸ばすようなイメージを抱きがちですが、

実は毛髪の生成にもかかわる重要な役割を持っているんです。

というのも、成長ホルモンは代謝を促したり、

体内組織全体の成長や修復機能を司るため、髪の成長にも欠かせないホルモンなのです。

子供時代だけではなく、生涯を通じて必要なんですね。

そして成長ホルモンが分泌されるのは眠っている時間なんです!

夜10時から2時まではマチガイ?!

お肌のゴールデンタイムとして知られる夜の10時から2時。

この時間に成長ホルモンが分泌されるため、夜10時には眠ることが美容のためには大切だと言われていますよね。

でも最近これは間違いだったと認められているんです。

成長ホルモンが分泌されるのは何時から何時まで、というのではなく、

睡眠の深さが関係していることがわかっています。

特に最初の3時間が重要です。

眠り始めて最初の3時間にいかに深い睡眠がとれるか、にかかっているんです!

質の良い睡眠をとるために

10時間寝ても朝からだるい時ってないですか?

逆に5時間しか寝てないのに意外とスッキリして目覚めることができたり・・・。

秘密は睡眠の質にあります。

では、どうすれば深く眠れて成長ホルモンの分泌を促すことができるのでしょうか。

1.就寝前はリラックス♪ 

寝る直前までスマホを見たり、テレビを見ていると、当然交感神経が優位になり眠りづらくなります。

就寝1時間前にはスマホやテレビから離れることが理想です。

寝る直前に刺激の強いドラマ(恐怖を感じるもの)などを見ると、そのまま夢に出てきてうなされる可能性もありますよ(*_*;

軽いストレッチでリラックス♪ 

お風呂から出て体が温まったタイミングでストレッチしてみませんか。

体がほぐれると、神経もほぐれます。

すると入眠がスムーズになるんです。

ただ単に

★両腕を上に伸ばしたり

★わき腹を伸ばしたり

★首を左右の肩に着くくらい傾ける

でもいいんです。

簡単なことなら毎日続けていきやすいので、体の1か所だけでも伸ばすことを目標にしてみてください。

清潔なシーツでリラックス♪

意外とシーツの清潔さ、コレ重要なんです。

枕のシーツや敷き布団のシーツを洗う頻度は人それぞれかなり差があるようです。

事や育児に仕事を頑張る女性に毎日シーツを洗うというのは無理なことだと思うのですが、できるだけ洗うようにしてみてください。

汚れが目に見えなくても、洗うとやっぱり気持ちよさが違います!

意識してもしなくても、清潔なシーツには体が正直に好反応を示して、副交感神経を優位にしてくれるでしょう。

質の良い睡眠をとるために、清潔なシーツは必需品なのです。

まとめ

健康な髪をどんどん生成するためには成長ホルモンの分泌が欠かせません。

そのためには上記のヒントを利用して睡眠の質を向上させていきましょう。

しっかり眠って、髪美人♪

何かひとつでも参考になったら嬉しいです(^^)/

 

ストレスが溜まってうまく眠れないというあなたはコチラをどうぞ!